© KORG Import Division. All rights reserved.

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

最高の品質を手頃な価格で

CAD Audioは、C.M. ChorpeningとF.H. Woodworthによって1931年に設立されたアスタティック社としてスタートしました。アマチュア無線技師であった彼らは、自身の送信機のために、静電気が起きないマイクロフォンを必要としていました。現地の技術者たちと協力して静電気 (static) の問題をクリアにし、会社初の製品となるクリスタル式マイクロフォンD-104モデルを開発しました。

そのような理由から、会社名を「アスタティック(Astatic)」としたのです。そして、ラジオ・トランスミッター・マイクロフォンの品質を全般的に改良し、1933年に法人化を果たし、一連の革新的なクリスタル式マイク、フォノグラフ用ピックアップや録音用ヘッドを開発します。また、アスタティック社は、陸軍および海軍航空機のための水中音検出の水中聴音器と静電放電器により、第二次世界大戦での連合国の活動に大きな貢献をしています。

現在では、アスタティック商業用オーディオ製品として知られており、会社は幅広い種類の産業アプリケーションのための商業用マイクロフォン製造業者へと進化しました。アスタティック・マイクロフォンは、レストラン、空港、教会、学校、企業の重役用会議室などで、世界的に広く使用されています。彼らの継続的な成功は、ハンギング、グースネック、バウンダリータイプで利用可能な多彩なパターンの技術に基いています。ピックアップ・パターンは、リモート・パターン制御ボックスや業界で最人気のデジタル信号処理部を通じて、マイクロフォンで制御することが可能です。

 

CAD (Conneaut Audio Devices) プロフェッショナル・マイクロフォンは、1988年に会社のプロ音響部門として、レコーディングやライブ用マイクロフォンの設計及び製造のために設立されました。最初、CADは画期的なサーボ・サーキット・コンソールなどを導入し、その後革新的かつコスト・パフォーマンスの優れたスタジオ・マイクロフォンのシリーズへと開発を行ってきました。これらは、1980年代後半から1990年代初頭に高い評価を得たE100やE200、E300 Equitekシリーズを含んでいます。

 

近年でのCADの開発は、Stage4、Stage7またTouring7プレミアムといった、手頃な価格ながら高品質なCADドラム・マイクロフォン・パックの最新版。CAD Audioはまた、すでに多目的なラインナップを持つUSBマイクロフォンに加えて新しいU9ミニマイクを売り出し、2つの新しいスタジオ・ヘッドフォンであるMH310スタジオ・モニター・ヘッドフォンとDH100ドラマー用密閉型ヘッドフォン、さらに現在の市場で入手可能な最も静かなLDCマイクであり、企業の画期的なEquitekシリーズ・スタジオ・マイクロフォンであるE100Sラージ・ダイアフラム・コンデンサ・マイクを追加しました。

 

現在、AstaticとCADは、CAD Audioとして再ブランド化したことにより、今後数年間で、販売、流通、マーケティング活動の簡素・合理化を通して、新しい技術の強みを組み合わせ、すでに提供している比類の無いマイクロフォンを様々なアプリケーションへと拡張していくことになります。

 

CAD Audioは、4つの製品シリーズを提供しています。

 

レコーディング、ライブ・パフォーマンス、アスタティック・コマーシャル、個人用オーディオです。

これらの製品は、オーディオ業界において80年以上にわたるイノベーションと成功を繰り返し、さらなる成長と進化をもたらすことでしょう。